おすすめの除光液の選び方はアセトンフリーかどうかを見極めること!

MENU

除光液に含まれるアセトンって何?

 

今やおしゃれな女性にとって身近なマニキュアを落とすための必須アイテムと言えば除光液ですよね。しかし、その除光液はしっかり選ばないと後で後悔することになるかもしれません。

 

なぜなら、除光液にはアセトンと呼ばれる物質が含まれている場合があるからです。
一般的にあまり知られてはいませんが、それは工業などで有機溶媒として用いられる物質で、揮発性が高く、常温で気体となります。
また、加熱されると一酸化炭素や二酸化炭素などの有害なガスを発生させてしまいます。

ネイリストを信用しすぎるのも危ない

ネイルサロンなどではこのような有害性についての指導がなされ、熟知している場合がほとんどですが、場合によっては詳しく知らない人もいます。
では、実際に爪にどのような影響があるのか気になった方も多いと思いますが、やはり爪にも悪影響を及ぼしかねません。

アセトンによる爪への悪影響

アセトンが含まれる除光液を使っていて、爪の再生が遅くなったり白っぽく劣化したりという声もあります。
また、空気中の高濃度アセトンを吸ってのどや目などに刺激が生じたり、中枢神経系や肝臓、腎臓や胃への影響の恐れも考えられます。
そのため、使用するときは十分換気をすることが大切ですね。

 

また、最近ではアセトンフリーのものも発売されているのでできるだけそちらを選ぶと良いでしょう。
>>ジェルネイルセットのおすすめランキングは?

アセトンフリーの除光液

 

除光液に含まれるアセトンには有害性があるため、できるだけアセトンフリーのものを選ぶことがおすすめです。
選び方としては、裏の成分表示をしっかり読むことです。
ノンアセトンと書かれていても有害性のあるものもあるため、きちんと一つ一つ理解していくことが大切といえます。

コットンでゆっくり落とすのがポイント

ところで、ネイルを落とすときに何度もこすったりしている方は少なくないと思いますが、液をたっぷりと含ませたコットンでゆっくり一回で落とすことが爪を守るために一番良い方法です。

 

まずはコットンを爪のサイズくらいにカットし、液をたっぷり染み込ませてから爪の上に置いて数分放置します。
そのあとにマニキュアが浮いて来たらできるだけこすらないようにして取り除きます。
細かいところはウッドスティックを使用するとよいです。
爪を傷めたり劣化させたりすることにつながるので、正しい方法かつ頻繁に繰り返さないようにしたいですね。

マニュキアシールもおすすめ

ただ、どうしても頻繁にしたいという人はマニキュア自体をシールにしたりお湯で落とせるタイプにする、またはアセトンを含まない安全なものを選ぶなど選び方を見直すことがおすすめです。
高価なものでなくでも、しっかり落とせるものも多くあるのでインターネットなどで探してみるのもおすすめです。